便秘は美容の大敵

便秘は美容の大敵です。お肌の調子も悪くなりますし、精神的にもツラくなってへこんでしまいます。

私は以前から慢性的な便秘に悩まされていました。1週間出ないのは当たり前、下手したらそれ以上の間隔で出ないことも多々ありました。たまに出たかと思っても、食べている量に比して「これだけ?」と思うような量しか出なかったりして、どんどん身体も重くなり、老廃物を溜め込んでいるからか、吹き出物もひどくなるようになりました。

もちろん、便秘が続くと下腹がぽっこりし始めて、服を着ていてもおしゃれを楽しめなかったり、他人からの視線が気になったりと良いことはないのですが、もっと辛いことが2つあります。

1つが溜まった分を排便するときの痛みです。便秘の方にはよくあるかもしれませんが、一週間以上溜め込んだ挙句に便意を感じてお手洗いに行くと、出そうで出ない状態が続き、ついにはカチコチに固まった固くて太い便が出そうになります。しかし固い分、出す時の痛みは半端ではなく、排便が終わった後もしばらく座るのが辛いほどの痛みに襲われます。

そして2つ目がおならが出てしまったときです。便を溜め込んでいるため腸内の状態がよくないからか、便秘が続いたときに出たおならは本当に耐え難い臭いがします。便そのものの臭いに近い臭いがするため、外出先のお手洗い等でおならをしても臭いが漏れてしまい、とても恥ずかしい思いをしたことが多々ありました。

人がいないところであれば、おならの臭いで便秘度合いを認識できたりもしますが、外回りが多かったり、絶えず誰かと一緒にいるような時に便秘になってしまうと本当に辛いです。かといっておならを我慢しすぎても次は腸内にガスが溜まり、腹痛につながってしまうので、排出しなければいけないのにできないというジレンマに陥ります。

日頃から乳酸菌を積極的に摂取したり、水分を摂ったりと対策をしても便秘になってしまうと、それ自体がストレスになり、また便秘を繰り返すという悪循環が続きます。ただ、毎日へ排便できること以上に良いことはないので、これからも地道にできることを続けて便秘のない生活を送りたいです。

 

10年かけて見つけたスキンケア

私のスキンケアの方法をご紹介します。

私のスキンケアのポイントは「徹底的美白」です(#^^#)

昔からニキビがひどく、年中赤ら顔だった私。

様々なアイテムを試しまくり、ジプシーする事10年・・・。

やっとこさ見つけた方法が下記になります。

まず!何かを塗る前にスチーマーで毛穴を開きます(*^-^*)

持っていない方は、洗面器に熱湯を入れ、その上に顔をかざすだけでOKです。

DHCの濃密うるみ肌化粧水を塗ります。この時、けちらずたっぷりと使います(^◇^)

その次にメラノCC美容液を、顔全体にまんべんなく塗ります。

偏りがあるとそこだけ白くなる、という報告例もあるので、必ずそうしています(´っ・ω・)っ

そしてネイチャーコンクジェルをこれまた多めに重ねます(^^♪

私は仕事が昼夜問わず忙しい為、時短も兼ねています。

てらってらの艶感を出せるぐらい重ねたら、潤いを閉じ込めるために、仕上げのクラブホルモンクリームを重ねます( *´艸`)

これにより毛穴がきゅっと引き締まって小さくなり、角栓も取れやすくなります。

これらを基本のスキンケアとして、週1、2で取り入れているのがWパックとピーリングです。(*´ω`)

Wパックというのは、シートマスクや洗い流すマスクの上に、更に洗い流さないパックを重ねること。

私はウルルンのシートマスク(ONE等)を最大の時間までしっかり肌に密着させた後、ステラシードの生クリームマスクをたっぷり乗せています(#^.^#)

栄養の過剰摂取も逆に毒なので、たまの贅沢として行っていますが、これをするとしないじゃ肌艶は天と地の差です。

ピーリングも週1で行います(*’ω’*)

オルビスのピーリングはジェル状で使いやすく、小指でやさしく顔をなぞるだけでぼろぼろと汚れを落としてくれる優れもの。

顔の明るさが段違いになるので、こちらも忘れないようにしています。

勿論これらは一例にすぎません。一番大事なのは、自分の肌をよく見て、コンディションを確認してから、それに合うものをプラスしてあげることです。

乾燥がひどければ、化粧水の前のブースターとしてオイルを使いますし、出先でもちょっと潤いを感じなくなったら、携帯化粧水で水分を与えています( *´艸`)