便秘は美容の大敵

便秘は美容の大敵です。お肌の調子も悪くなりますし、精神的にもツラくなってへこんでしまいます。

私は以前から慢性的な便秘に悩まされていました。1週間出ないのは当たり前、下手したらそれ以上の間隔で出ないことも多々ありました。たまに出たかと思っても、食べている量に比して「これだけ?」と思うような量しか出なかったりして、どんどん身体も重くなり、老廃物を溜め込んでいるからか、吹き出物もひどくなるようになりました。

もちろん、便秘が続くと下腹がぽっこりし始めて、服を着ていてもおしゃれを楽しめなかったり、他人からの視線が気になったりと良いことはないのですが、もっと辛いことが2つあります。

1つが溜まった分を排便するときの痛みです。便秘の方にはよくあるかもしれませんが、一週間以上溜め込んだ挙句に便意を感じてお手洗いに行くと、出そうで出ない状態が続き、ついにはカチコチに固まった固くて太い便が出そうになります。しかし固い分、出す時の痛みは半端ではなく、排便が終わった後もしばらく座るのが辛いほどの痛みに襲われます。

そして2つ目がおならが出てしまったときです。便を溜め込んでいるため腸内の状態がよくないからか、便秘が続いたときに出たおならは本当に耐え難い臭いがします。便そのものの臭いに近い臭いがするため、外出先のお手洗い等でおならをしても臭いが漏れてしまい、とても恥ずかしい思いをしたことが多々ありました。

人がいないところであれば、おならの臭いで便秘度合いを認識できたりもしますが、外回りが多かったり、絶えず誰かと一緒にいるような時に便秘になってしまうと本当に辛いです。かといっておならを我慢しすぎても次は腸内にガスが溜まり、腹痛につながってしまうので、排出しなければいけないのにできないというジレンマに陥ります。

日頃から乳酸菌を積極的に摂取したり、水分を摂ったりと対策をしても便秘になってしまうと、それ自体がストレスになり、また便秘を繰り返すという悪循環が続きます。ただ、毎日へ排便できること以上に良いことはないので、これからも地道にできることを続けて便秘のない生活を送りたいです。