夏場のクレンジング方法について悩んでいます。

これから夏を迎え、スキンケアで悩むのが「クレンジング方法」です。

夏場以外は入浴前に、クレンジングクリームを肌に塗りメイクをマッサージするようにしてクリームに馴染ませてから、レンジで20秒程温めた蒸しタオルを顔にあて毛穴を開かせておきます。

そして入浴時に顔をぬるま湯で濯ぎ、洗顔フォームをしっかりと泡立てて洗ってました。今の時期もこの方法です。

以前はクレンジングと洗顔が一度に出来る化粧品を使って洗顔したり、ふき取るタイプのクレンジングを使ったりしていたのですが、こういう方法だと肌が荒れてしまいます。

夏場は、既にシートにクレンジング剤が含まれているシートタイプで、暫くの間クレンジングしていました。ふき取っている間も、その後もスーッとして気持ちいいのですが、その後に軽く洗顔フォームで洗って化粧水をつける段階になると、かさついているのに気がつきました。

その夜は乳液や保湿液をしっかりと塗って眠りましたが、翌朝になっても、かさついていて化粧水をつけてもすぐ乾燥してしまい、メイクのノリも悪くなってしまいました。

年齢も50代後半ともなると、こういう方法でのクレンジングは肌に余計なダメージを与えるだけで、向かないと悟った次第です。

これから日々の温度が30度を超え汗をダラダラとかく季節に入ると、いつものクレンジングクリームを使った方法だと、べたついて肌もスッキリとしないのです。

今年からは、暑い季節にはジェルタイプのクレンジングで落として蒸しタオルをあててというような方法でやっていこうかなあと思ってます。

夏になるとクレンジングでメイクを落とす時間帯になると、肌は汗と汚れでドロドロになっている状態なので、普通のクレンジングクリームでは気持ちよくメイクを落とせるとは思えませんし、去年やってて実際そうでした。

今年は肌に合うジェルタイプのクレンジングを見つけて気持ちよくメイクを落とせるようにやってみます。そして、しっかりと保湿と美白対策をしていきたいと思っています。

「肌は夏場の手入れ次第で老化の進み具合も変わってくる」と以前美容部員の方にアドバイスされた事があります。最近は美容部員の方と接することなくドラッグストアで気に入った化粧品を買うことが多いのですが、プロの方の助言には説得力があるものです。

今年は夏の肌の手入れには手を抜かないで、やっていくつもりです。

ちなみに、ニキビで悩んでいるなら「肌ぼこぼこ」ってサイトが参考になりますよ。