夏場のクレンジング方法について悩んでいます。

これから夏を迎え、スキンケアで悩むのが「クレンジング方法」です。

夏場以外は入浴前に、クレンジングクリームを肌に塗りメイクをマッサージするようにしてクリームに馴染ませてから、レンジで20秒程温めた蒸しタオルを顔にあて毛穴を開かせておきます。

そして入浴時に顔をぬるま湯で濯ぎ、洗顔フォームをしっかりと泡立てて洗ってました。今の時期もこの方法です。

以前はクレンジングと洗顔が一度に出来る化粧品を使って洗顔したり、ふき取るタイプのクレンジングを使ったりしていたのですが、こういう方法だと肌が荒れてしまいます。

夏場は、既にシートにクレンジング剤が含まれているシートタイプで、暫くの間クレンジングしていました。ふき取っている間も、その後もスーッとして気持ちいいのですが、その後に軽く洗顔フォームで洗って化粧水をつける段階になると、かさついているのに気がつきました。

その夜は乳液や保湿液をしっかりと塗って眠りましたが、翌朝になっても、かさついていて化粧水をつけてもすぐ乾燥してしまい、メイクのノリも悪くなってしまいました。

年齢も50代後半ともなると、こういう方法でのクレンジングは肌に余計なダメージを与えるだけで、向かないと悟った次第です。

これから日々の温度が30度を超え汗をダラダラとかく季節に入ると、いつものクレンジングクリームを使った方法だと、べたついて肌もスッキリとしないのです。

今年からは、暑い季節にはジェルタイプのクレンジングで落として蒸しタオルをあててというような方法でやっていこうかなあと思ってます。

夏になるとクレンジングでメイクを落とす時間帯になると、肌は汗と汚れでドロドロになっている状態なので、普通のクレンジングクリームでは気持ちよくメイクを落とせるとは思えませんし、去年やってて実際そうでした。

今年は肌に合うジェルタイプのクレンジングを見つけて気持ちよくメイクを落とせるようにやってみます。そして、しっかりと保湿と美白対策をしていきたいと思っています。

「肌は夏場の手入れ次第で老化の進み具合も変わってくる」と以前美容部員の方にアドバイスされた事があります。最近は美容部員の方と接することなくドラッグストアで気に入った化粧品を買うことが多いのですが、プロの方の助言には説得力があるものです。

今年は夏の肌の手入れには手を抜かないで、やっていくつもりです。

ちなみに、ニキビで悩んでいるなら「肌ぼこぼこ」ってサイトが参考になりますよ。

 

覆面調査のバイトで小銭稼ぎのつもりが…

私が以前、飲食店の覆面調査をした時の悲しい体験談です。

たまにテレビでも覆面調査の紹介してる場面を見ます。
私が見たのはラーメン店の覆面調査で、ラーメンを食べてラーメンの品質・スタッフの接客等をレポートするとお金がもらえるというものでした。
これに興味を感じ、覆面調査をするようになりました。
まあ実際は報酬とラーメン飲食代が相殺となり、儲かるどころか交通費を考えると赤字っていうケースばかりです。
しかし中には飲食代+1000円ぐらいの報酬が出るものもあります。
こういう良案件は数は少ないですし競争率も激しくなかなか当選しないんですが、幸い当たりました。
しかも自宅から500mほどの距離にあるスーパー内の飲食店調査です。
これなら車で往復しても交通費なんて数10円程度ですし移動に時間もかかりません。
食事が出来る上に小銭稼ぎも出来るとウキウキしてスーパーに向かいました。

これまで車のタイヤパンクなんて1,2回しかしたことなかったですが、たった500mの移動中にタイヤパンクしました。
スーパーまでもう少しという距離だったんですが、とりあえずスーパーの搬入口に停めてスペアタイヤと交換することにしました。
幸い以前もしたことありましたし、タイヤ交換は15分かかったものの無事終わり、飲食店調査を終えました。

しかしタイヤパンク修理って2000円ぐらいはかかります。
1000円の小銭稼ぎのつもりが、1000円の赤字です。
しかもタイヤ交換の手間やタイヤパンク修理をしにいったりと時間もかかります。
さらにパンク修理してもらったタイヤを着けるのにお金もかかります。
まあ出費を抑える為に自分でスペアタイヤと交換するつもりでしたが、パンクタイヤを持ち込んだガソリンスタンド店員からは、このパンクの仕方だと修理出来ません、買い換えるしかないですねと言われました。

冷静に考えるとガソリンスタンドでタイヤ購入なんて高くつきますよね。
ガソリンスタンドよりタイヤ販売店で購入した方が安くつきます。
しかもタイヤパンクした状態でガソリンスタンドに来てるならともかく、自分でスペアタイヤと交換し終えてるんですから急ぐ必要はありません。
もちろんスペアタイヤで長期間乗るつもりはありませんが、今ならネット通販で安くタイヤ購入出来ますし、私の場合ブランドにこだわりはなくネットで買える格安タイヤでも全然良いんです。
ネットの格安タイヤなら4本購入したとしても1万円でお釣りが来ますからね。
日数的にもネットでオーダーをしてからタイヤ交換できるまで2.3日程度と時間の問題ありません。

しかしこの時はテンパってて、ガソリンスタンドでタイヤ購入し交換もしてもらいました。
タイヤ一本だけ購入したんですが、それでもタイヤ代と履き替え代で8500円ぐらいほどかかりました。
1000円の小銭稼ぎの為に8500円の出費となり、とても悲しい気持ちになりました。

 

母直伝?のかぼちゃの煮物

今は亡き母が作ってくれたかぼちゃの煮物が好きです。

秋になると煮物が一段と美味しい季節だと感じますが、それは母の手作りおかずが影響しているからかもしれません。

母の煮物はお砂糖と醤油を使った物が多かったのですが、不思議と飽きた事はありませんでした。特に美味しかったのはかぼちゃです。緑色の皮とオレンジ色の実がきれいなうえ、あまじょっぱい砂糖醤油がかぼちゃにほど良くしみていて、煮崩れもなくほくほくした食感が味わえる。

晩ご飯の時、食卓にかぼちゃの煮物があるとラッキーだと感じたのを覚えています。家族の中で一番食べていたのは私かもしれません。メインのおかずがどんなに好物でも、かぼちゃに手が伸びます。

生のかぼちゃの実は明るいオレンジ色ですが、うまく煮えると濃いオレンジ色に染まります。

母がかぼちゃを煮る時は調味料の分量を量る事がなく、白砂糖と醤油を目分量で入れていましたが、それにも関わらず美味しく仕上がるのが不思議でした。料理を教わる時も特に鉄則だというものがなかったため、全行程の概要がわかるくらいです。

今は母の味を再現すべく試行錯誤の日々を過ごしていますが、先日ついに母のかぼちゃの煮物を80%くらい再現出来るようになりました。

調味料は白砂糖と醤油で、仕上げにショウガを加えた物ですが、食べた時のかたさはちょうど良かったのです。

家の食事作りを任されるようになってから10年になりますが、かぼちゃの煮物はなかなか上手くいきませんでした。健康に良いからと黒砂糖を加えるとかぼちゃの色が黒っぽくなってしまうし、一部が煮崩れる事もあります。

光熱費のため炊飯器の中に入れてご飯と一緒に炊いたりほんの少し塩を入れて素材の甘みを生かそうとしましたが、そうすると他の家族が食べなくなるので、母の煮物を美味しいと思っていたのは私だけではないんだなと実感しました。

私は調味料を量らないと上手くいかないけど、母は自分の感覚で上手く作ったので偉大さを感じます。私も目分量で美味しい料理を作れるように工夫したいと思います。